上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
フライデーによると、不倫現場が確認されたのは5月23日。20代と思われる北川景子似の美人ホステスと、銀座にある高級クラブに同伴出勤した後藤田氏は“アフター”へと誘い出し六本木で合流。バーで濃厚なディープキスに及んだ後、2人でトイレに20分以上も閉じこもった。その後、バーを出た2人は、あろうことか「利用は議員とその家族などに限る」との規則がある議員宿舎に“同伴”帰宅したという。

2人でトイレに20分以上も閉じこもって何をしていたんでしょう?

政治家の下半身問題は後を絶ちませんが、この話は一寸問題です。

お解りのこととは思いますが、トイレ内の行為が問題と言っているのではありませんよ。

「議員宿舎(衆議院議員宿舎)に不倫相手のホステスを連れ込んだ」事が問題なのです。

我々の税金で建てた豪華な議員宿舎に不倫相手を連れ込むなどもってのほかだと思いませんか?

こんな議員は即刻辞めさせるべきです。

後藤田正純氏のような議員に税金で給料を払う必要はありません。

自民党がどのような対応をするか見てみたいところですが、多分、後藤田議員個人が決める事となるのでしょうね。




スポンサーサイト
2011.06.04 Sat l 政治家 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。